シミウスが人気になった背景 | シミウスの口コミの本当のところ。

本ページの内容をまとめると・・・数ある美白オールインワンジェルの中で、シミウスが人気になった背景は以下の2つ!

 

1. 「顔へのマッサージ」という訴求ポイントと、その効果がちゃんと出るジェル

 

2. 化粧品の安全性が問われる現代だからこその、古くからある安全な成分の組み合わせ

 

>>限定プレゼント有りで、シミウスを試す方はこちらからどうぞ

 

 

♪本ページの目次♪

 

 

オールインワンジェルが流行りだした時期

 

オールインワンジェル自体が化粧品市場で隆盛の兆しを見せ始めたのは2000年代後半からです。

 

オールインワンジェルの機能として当初は化粧水、美白、美容液、クリームなどが1つの化粧品で充足すると言うのが一番の訴求ポイントで、それは現在も変わりありません。

 

多忙な方々には嬉しいですよね。

 

ひとくちメモ・・・国内化粧品市場に新たな会社が続々参入 

 

人口減等の要因により、現在化粧品業界は大手メーカーの国内事業を見てもこの10年間でかなり売上を落としています。

 

化粧品の国内市場は毎年2兆円規模で横ばいです。

 

一方で伸長しているのは富士フィルムやグリコ、味の素など(やや化粧品業界と関連が有り多額投資を実施せずに参入できる)異業種からの参入や、メビウス製薬のような新しい会社や(自社で工場を持たないファブレス企業が多い)元はOEM専門だった会社です。

 

これらの新しい会社は、当然ながら大手メーカーのように百貨店やデパートにすぐ商品を並べられる体力やルートは無いですし、そもそも、そのような既存の販売方法は新会社の最初の商品展開方法として俎上に載りません。

 

こういった新しい会社が取るよくある商品販売戦略は、

 

 

■まずは細分化された分野に特化し商品開発、販売

 

例えば、「特定の年代に絞ったスキンケア商品」「身体のある部位専用の脱毛商品やニキビケア商品」シミウスで言えば「マッサージ用オールインワンジェル」などですね。

 

 

■次に、インターネット広告によって集客

 

主なインターネット広告には以下のようなものがあります。

 

・PPC広告(お客さんが広告をクリックすると、広告主がお金を支払う方式の広告)の中でも特に検索連動型広告(リスティング広告とも言います。)

 

・フェイスブック、インスタグラム、ツイッターなどのSNSに挿入される広告

 

・ディスプレイアドネットワーク(ユーザーの性別や年代、閲覧履歴や興味に沿って配信する広告)

 

・アフィリエイト広告(本サイトのようなアフィリエイトサイト)

 

 

■そして定期購入システムにて顧客獲得

 

こちらはインターネット販売のみを行う会社さんがよく取っている手法ですね。

 

やはり定期購入システムは新しい会社の販売手法においての潮流でもあります。

 

※定期購入の定期縛りについては、誤認を誘発するようなランディングページ(商品販売ページ)は各団体から注意される場合もあります。

 

例えば「3か月間は解約できない」などが小さな文字で書いてあるなどですね。

 

シミウスは1度目で簡単に解約できるため、そのような事が無いので安心です。

 

などがよく取られる戦略です。

 

そして知名度向上、さらなる事業資金獲得、その後にニッチ分野以外の顧客獲得をも狙うという流れになります。

 

対して大手メーカーは日本人と同じように美白への憧れや要求のある海外(東南アジア)への販路拡大戦略を取っている企業が見受けられます。

 

新しい会社&ネット専業の会社にとって、「オールインワンジェル」は全ての化粧品の入り口商品としての側面もありますね。

 

 

「オールインワン+マッサージ」ジェルの登場

 

そんなオールインワンジェルが流行り始めた2009年初頭に化粧品のOEM(相手先ブランド名で商品を製造する)会社である天真堂(現:グレースラボ)がマッサージもできるオールインワンジェルとして自社商品、エニシングホワイトを発売しました。

 

その当時はスリミングクリームやボディクリームなどのマッサージ料は有りましたが顔用にマッサージでも使える、しかもマッサージ後も洗い流さなくて良いというオールインワンジェルはほぼ有りませんでした。

 

そのため「新たに機能が1つ加わったオールインワンジェル」としてかなり人気を博しました。

 

そしてパーフェクトBBクリームで化粧品市場にブームを巻き起こしていたメビウス製薬が、2011年夏にこの薬用ホワイトニングリフトケアジェル(シミウスブランド)を発売します。

 

そしてこのジェルの製造元は、そう、マッサージ機能も有るオールインワンジェルで人気を博した天真堂です。

 

その中で両社のオールインワンジェルをより差別化するためか、メビウス製薬はさらに「マッサージ」機能を全面に出した成分構成/訴求でこのシミウスを販売しました。

 

そのシミウスのマッサージ推しは、ある意味横並び状態であったオールインワンジェル市場において新たな驚きをもって迎え入れられ、そのマッサージ推しの効果はてきめんで爆発的な売れ行きを見せました。

 

(2016年前半の時点で累計70万個以上)

 

そもそも美白ケアについて効果的なのは、メラニン色素の生成を抑えつつメラニン色素を薄くする事で、これはこのシミウス(医薬部外品)の有効成分であるプラセンタがその役割を担います。

 

この有効成分は現在のリニューアル後のシミウスにおいても変化はありません。

 

(2015年1月までのリニューアル前のシミウスは製造販売元が天真堂、現在は三粧化研。)

 

そしてもう1つ美白ケアに対して効果的なのが、 お肌のターンオーバーを正常にして新陳代謝を向上させメラニンを早く排出することなのですがこれは紫根エキスとさきほどの「マッサージ」がその役割を担います。

 

このように美白ケアに対して両面から漏らさずアプローチしているのがこのシミウスです。

 

そしてその効果と言えば、やはりマッサージをプラスした保湿製品と言うのがあまり無いだけに口コミでも際立っている、からかもしれませんがやはりその効果を挙げる方々が多いです。

 

古くから「人体には、マッサージが良い影響を与えている」と全世界で広く認知されているのは、もう言わずもがなですよね。

 

先ほどのお肌の代謝を促す効果の他に、リンパ節などに老廃物がたまってしまうことによるたるみを(リンパマッサージで)改善することや普段ほとんど意識して使っていなかった顔の筋肉の活性化を口コミで挙げられる方々がいらっしゃいました。

 

そしてそれらの評判や口コミがさらに人気を呼ぶという好循環サイクルになって、ここまで人気になったのだと思います。

 

なお、「”マッサージに特化していない化粧品”でのマッサージで代用できないか?」との疑問が発生するかもしれませんが、これはバツです。

 

シミウス独自のダブルクリスタル製法と呼ばれる、マッサージに適した製法(+粘度、成分)だからこそ安心してお肌を傷つけないマッサージが出来るんです。

 

マッサージを想定していない化粧品を使い、その結果摩擦ダメージでお肌を傷めてしまうのは絶対に避けなければなりません。

 

シミウスのマッサージについて成分面から詳細に言えば、1.3-ブチレングリコール・濃グリセリン・プロピレングリコール・1.2-ペンタンジオールといった多価アルコールで滑らかな伸び(+ベタつきの少なさ)を獲得し、クッション性のあるジェル構造とするために増粘剤(カリボキシビニルポリマー、アクリル酸・メタクリル酸アルキル重合体)を絶妙な配合量で含有しています。

 

 

シミウスで実際にマッサージした評価は・・・

 

私は3年以上シミウスのホワイトニングリフトケアジェルでマッサージをしていいます。

 

今ではジェル以外の購入額も増えて、メビウス製薬のダイヤモンド会員です。

 

そこから得られた結果は、「やはり地道にやっていれば効果は有る。」と言うことです。

 

最初に塗った直後に顔が白くなるのはポリマー等の膜によって光を均一に反射することによるものかと思いますが、その後はマッサージをしっかりすることによって、ターンオーバーの促進によるものか、シミは実際に薄くなったり無くなっています。

 

また、このシミウスジェルでリンパマッサージでリンパ/老廃物を流した結果、たるみの改善についても効果が有りました。

 

このシミウスジェルに出会う前に、シミ消し対策として傷跡にアットノンやシミにケシミンクリームを塗りこんだ時とは効果が有ったシミ、効果が無かったシミが違っていて、それがよりリアルに感じています。

 

シミに対するアプローチ方法が違うからの結果なんだな、と。

 

シミに対するアプローチと言えば、レーザーでシミを消すかどうかの相談に皮膚科クリニックで先生に対面し、実際に現場での意見や色々説明を受けたことが有りますので、そういう面での知識は多少有るかと思っています。

 

 

古くからある安全な成分の組み合わせ

 

そんな幅広いアプローチ方法が有るシミ対策についてですが、国内の美白需要はかなり以前からあり、その需要を受けてのシミ商品は本当に多くありますね。

 

高配合ビタミンC誘導体、ハイドロキノン、飲む日焼け止めなど毎年のようにシミに関する新しい宣伝を見かけると思います。

 

他社に遅れないようにと、拙速な検証のみで商品を世に出してしまった結果、安全性をおざなりにしてしまった商品、というのも散見されましたね。

 

その「安全性をおざなりにしてしまった商品」の情報の影響も有って多くの利用者がこれまで以上に気にかけるようになった点があります。

 

それは「安全性」です。

 

購入前に安全性を見極めるポイントとして、「古くから利用されてきた成分」であるかどうか?というのがポイントの1つになります。

 

やはり「新しい成分」と「古くから利用されてきた成分」では検証された回数や利用者の数が全然違います。

 

そのポイントから見てもこのシミウス ホワイトニングリフトケアジェルはポイントが高いと思います。

 

例を挙げると、紫根やサクラ葉は江戸時代、グリチルリチン酸ジカリウムは昭和前半、などこららの成分は古くから安全性と効果が認められている成分です。

 

新成分って、口コミサイトなどでもしも新成分の副作用やデメリットと思わせるような書き込みが有ると、それはやはり際立って印象に残りますものね。

 

そういうのがシミウスには無いです。

 

ネット上で悪評が広まる要因を最初から外している、と言うのが人気になった遠因だとも思います。

 

古くからある成分では有りますが、その効果や新しさを出すための組み合わせ方法、開発方法(ダブルクリスタル製法、など)が優れているということですね。

 

 

まとめ

 

このようなライバルの非常に多いシミ/美白市場にあって、非常に多くのリピーター(定期購入の継続率は90%超とのこと)を獲得したオールインワン+マッサージジェルがシミウスと言う訳です。

 

※当然ながら100%の方が効果を実感できるかと言われれば、そうでは無く、シミウスは効果なしと仰る方はやっぱりいらっしゃいます。

 

しかしながら、そういう方々のためにもこのシミウスは「使い切っても返金OK」(メビウス製薬によると初回購入者の返金率は1.2%とのこと)や、1度目でも解約可能な「きれい定期便」と言うシステムが有ります。

 

 

そしてそれらのシステム上のお客さん優先姿勢と、商品自体の効果が相まった結果、楽天、アットコスメなどの様々な口コミで”実際に使ってみて良かった”と仰る方がすごく多いという状況になっています。

 

お客さん優先姿勢を最初に実際に感じたのは、メビウス製薬のカスタマーセンターとのメールのやり取りからでした。

 

「売りっぱなし」の姿勢が無く、難しい(やや意地悪な)質問にもどうにかしてお客さんに満足が得られるように回答したいという姿勢が見られました。

 

こう言った点からも、やはり広告露出での瞬発力だけでなく当然の結果としてロングセラーになった商品かと思います。

 

ほとんどの方が定期購入という形態でのご利用だと思いますが、先述のように90%超の”継続率の高さ”が信頼感の表れですね。

 

(シミウスの定期購入と言うのは楽天、公式サイトともに1〜3か月に1個のサイクルで定期的に受領する形態です。

 

初回は1か月に1回の頻度で、その後に”次回からは○か月に1回へ変更したい”との連絡をメビウス製薬へ行うことにより変更可能です。)

 

 

このように結果として美白マッサージの効果を大きく広めたのはこのジェルの功績とも言えますね。

 

それまではマッサージによる「痩身」などは知られていてもターンオーバー促進による「美白効果」はあまり知られていませんでしたから。

 

シミウスの購入前に、シミウスを利用された方のビフォーアフター写真をよく見ていて、その時はちょっと半信半疑でしたが、今ではやはり効果が有るんだなと実感している次第です。

 

また、マッサージによる顔の筋肉のトレーニングや保水力アップなどの新しいアプローチも既存の一般的なオールインワンジェルとは一線を画しているかと思います。

 

以上、シミウスが人気になった背景でした。

 

よかったらあなたもぜひ以下のメビウス製薬公式サイトからお試ししてみて下さいね。

 

気軽に試した結果、効果有りとなればやっぱり嬉しいですよ。

 

>>限定プレゼント有りで、シミウスを試す方はこちらからどうぞ