チューブタイプ使用時の注意点。 | シミウスの口コミの本当のところ。

 

シミウスホワイトニングリフトケアジェルの形状はジャーに入っているタイプとチューブタイプの2種類が有ります。

 

この2点は、内容成分も容量も価格も同じ。

 

違うのは容器だけです。

 

ジャーに入っているタイプにはスパチュラがついていて、容器の中に直接指が触れないようになっていて衛生的。

 

というのも指って雑菌だらけなんです。

 

手をきれいに洗った後でも雑菌が0になることはありませんし、洗いたてのタオルにも雑菌は潜んでいて手をふくだけで雑菌は手についてしまいます。

 

そんな雑菌だらけの指を直接ジャーに入れると、環境によってはジャーの中で雑菌が繁殖してしまうこともあるんです。

 

雑菌が繁殖してしまった化粧品をお肌につけると肌荒れの原因になる可能性があるんですよ。

 

ですから直接手が触れないようにスパチュラがついているのは、衛生的でお肌にとってとてもありがたい事なんですね。

 

チューブタイプは容器の中に直接手が触れることがないため、こちらもとても衛生的だと言われていますが、実はそうとも言い切れないんですよ。

 

チューブからジェルを出す際、チューブの口の部分に指をつけてジェルを取っていませんか?

 

この行為は口の部分に雑菌をこすり付けるようなもの。

 

また、私の母でもたまにしているんですけど

 

「チューブからジェルを出しすぎてもったいない」

 

と言って、ジェルをもう一度チューブに無理矢理戻す行為も大変危険。

 

雑菌をチューブ内に流し込んでいるようなものです。

 

これはシミウスの問題というより「使う人の使い方」の問題ですね。

 

シミウスがどれだけシミ対策に有効な化粧品であっても、雑菌のせいで炎症を起こしてしまっては意味がありません。

 

炎症はシミの原因となってしまいます。

 

化粧品を長持ちさせるためにも、肌荒れを起こさないためにも、

 

・チューブタイプのジェルは口に手が触れないように取り出す。

 

・出しすぎたジェルは絶対にチューブに戻さない。

 

・雑菌が繁殖しやすい高温多湿の場所をさけ涼しい場所に置いておく。

 

など、雑菌の繁殖をさけるように注意したいですね。

 

>>限定プレゼント有りで、シミウスを試す方はこちら