美白剤の種類と、このジェルの「Wの美白効果」 | シミウスの口コミの本当のところ。

 

本ページの内容をまとめると・・・

 

美白方法って色々なアプローチが有るけれど、このシミウスは主に2つの安全な美白対策!

 

1. お肌の新陳代謝を高める

 

2. メラニン色素を還元する

 

>>限定プレゼント有りで、シミウスを試す方はこちらからどうぞ

 

美白のオールインワンジェルとして、メビウス製薬公式サイトや楽天でも大人気のGrace & Lucere SIMIUS(シミウス) ホワイトニングリフトケアジェル。

 

 

今回は、この商品の要とも言うべき『美白効果』という視点から人気の理由を探ってみますね。

 

そもそも美白剤って何でしょうか?

 

まず、『シミ』はメラニン色素が過剰に生成されて、お肌の中に居座る(沈着と言います)ことで発生します。

 

この沈着したメラニン色素を取り除き、シミを改善するために化粧品に配合される美容成分が『美白剤』です。

 

美白剤の種類は?

 

そしてその美白剤には様々な種類がありますが、どの美白剤が良いのでしょうか?

 

何を基準に美白剤を選べば良いのでしょうか?それを把握するためにまず『シミに対するお手入れ方法と美白剤について』を整理してみましょう。

 

 

紫外線からお肌を守る

 

メラニン色素は紫外線により生成が促進されます。

 

ですから、紫外線対策は万全にしましょう。

 

これは美白化粧品というより日焼け止め化粧品の役割ですね。

 

屋外でのレジャーやスポーツをする方は、SPF50+, PA++++、普段の日常生活を送る方は、SPF30, PA++など、ご自身のTPOに合わせたスペックの日焼け止めを選びましょう。

 

 

お肌の新陳代謝を高める

 

メラニン色素は毎日生成されていますが、お肌のターンオーバーによって最終的に体外へ排出されます。

 

そのターンオーバーが順調でないと、過剰なメラニン色素がお肌に居座ってしまい色素沈着(シミ)の原因となります。

 

この過剰なメラニン色素を体外へ排出するには、お肌の新陳代謝を高め、ターンオーバーを正常に戻す必要があるのです。

 

そのために一番効果的な方法は、マッサージやパックによるお手入れです。

 

 

メラニン色素を還元する

 

メラニン色素は何段階もの過程を経て、色が濃くなります。

 

この過程を『酸化』と言いますが、これを『還元』という逆の反応でメラニン色素を薄くするのです。

 

そのための美白剤には、『アスコルビン酸(ビタミンC)』『アスコルビン酸誘導体』『プラセンタエキス』『ハイドロキノン』などがあります。

 

 

メラニン色素の生成を抑える

 

メラニン色素の生成には『チロシナーゼ』という酵素が大きく関わっています。

 

このチロシナーゼの作用を制御することで、シミの元、メラニン色素の生成を抑えるのです。

 

そのための美白剤には、『トラネキサム酸』『コウジ酸』『アルブチン』『アスコルビン酸(ビタミンC)』『アスコルビン酸誘導体』『プラセンタエキス』『ハイドロキノン』『4-n-ブチルレゾルシノール』『パンテチンスルホン酸Ca』『グルタチオン』『ソウハクヒエキス』『シャクヤクエキス』『クララエキス』『カンゾウエキス』などがあります。

 

一番良い美白剤は?

 

このように美白剤には働きに応じて色々な種類が有ります。

 

ここで当然「結局どの美白剤が一番いいの?」と疑問をお持ちになりますよね。

 

しかし、この疑問にお答えすることは非常に難しいです。

 

美白剤ですから

 

「美白効果の高いものが一番良いんじゃない?」

 

とお考えになるかもしれませんが、美白効果のみで美白剤の優劣をつけることは出来ません。

 

そこで、美白剤を選ぶうえでのポイントをご紹介しますね。

 

美白剤を選ぶポイント

 

私は美白剤を選ぶ上で、優先順位の高いポイントは2つ有ると考えています。

 

それは『医薬部外品』と『安全性』です。

 

 

医薬部外品の有効成分

 

美白化粧品には『化粧品』と『医薬部外品』があります。

 

医薬部外品というのは、効果が科学的に立証され、国が認めた『有効成分』を配合した商品です。

 

そのため当然、化粧品よりも効果が高くて期待が持てます。

 

しかし、美白剤が全て美白有効成分で構成されている訳ではありません。

 

例えば、ソウハクヒエキスにはチロシナーゼ活性抑制効果があるので美白剤ではありますが、美白有効成分ではないのです。

 

「この成分は医薬部外品の有効成分かどうか?」

 

の見分け方は簡単で、その商品の箱やケースに記載されている全成分表示を見るとすぐに分かりますよ。

 

医薬部外品の場合は『有効成分』、次に『その他の成分』の順で表示する必要があるため、有効成分欄を見ると簡単に判断できます。

 

また厚生労働省サイトにいわゆる薬用化粧品中の有効成分リストについて(PDF)という化粧品の種類ごとの有効成分を表示した資料も有ります。

 

 

美白剤の安全性に着目しましょう

 

「利用者側で安全性を再検討/再確認する」・・・これは非常に難しいことではありますが、重要な点なんです。

 

基本的に市販されているものはメーカーの試験をクリアしているわけですから、安全性に大きな問題はないことが大前提です。

 

さらに医薬部外品というのは国が承認しているものなので、その安全性に疑いを持つ方は少ないと思います。

 

しかしカネボウの白ぬけや白斑の問題など、美白化粧品業界と一般の化粧品利用者に大きな衝撃を与える出来事も有りました。

 

この問題は、『美白という効果効能』を拙速、早急に追い求めた結果かもしれません。

 

化粧品、医薬部外品に一番重要なことは効果効能ではありません。

 

『安全性』です。

 

利用者さんに安全に使い続けてもらうことが一番重要です。

 

効果の代償として一定レベルの副作用が許されている医薬品とは違います。

 

化粧品・医薬部外品に副作用は許されていません。

 

ただ市販されている商品の安全性を利用者側で調べることは現実的には困難ですよね。

 

※非常に大きな影響のあるものについては医薬品医療機器総合機構サイトの医薬部外品・化粧品(注意喚起情報)ページに、安全性に関しての情報が掲載されてはいます。

 

そもそも安全性に問題無いことをメーカーが確認し販売している商品ですもんね。

 

そこでおすすめしたいのが『昔から広く使われている美白有効成分を選ぶ』ということです。

 

聞いたこともないような難しい名称の美白剤の方が効果がありそうですが市場での実績が浅く、安全性の面で少し不安が残ります。

 

昔から広く使われている成分は、裏を返せば多くの実績が有ってこれまで大きなトラブルもなく安心して使えるということなのです。

 

※ただし、それでも絶対に安全とは断定できません。

 

事前のパッチテストでの判断や、敏感肌の方・過去に化粧品で肌トラブルの経験をお持ちの方は、特にまずは試しで少量を使ってみて、ご自分のお肌に合っているかを確認してください。

 

また美白成分について論じる時によく俎上に載るものとしてハイドロキノンという有名な美白剤があります。

 

その美白効果の高さからネットでは評判の美白剤ですが、刺激や炎症などが起きやすくて安全性面に不安が有ると仰る方も多くいらっしゃいます。

 

そういった賛否の有る美白成分群において、医薬部外品の美白有効成分且つ安全性(昔から広く使われている)の視点から判断すると、美白剤としては『アスコルビン酸誘導体』『プラセンタエキス』『アルブチン』『トラネキサム酸』がおすすめできると思います。

 

美白についてのまとめと、シミウスジェルの美白効果

 

シミウスホワイトニングリフトケアジェルは、おすすめに挙げた美白成分『プラセンタエキス』が配合された医薬部外品です。

 

さらにマッサージ機能もあります。

 

先ほどの「美白剤の種類は?」の項目で、シミに対するお手入れ方法を紹介する際にお肌の新陳代謝を高める必要性を述べました。

 

お肌に居座った過剰なメラニン色素を体外へ排出するには、新陳代謝を高めてターンオーバーを正常に戻すことが重要だからです。

 

このような働きをする美白剤や美白成分で充足させる商品はほとんど有りません。

 

一番有効な方法がマッサージなのです。

 

マッサージもできる美白化粧品ってあまりありませんよね。

 

美白剤とマッサージ、この『Wの美白効果』がシミウスホワイトニングリフトケアジェルの大人気の秘密なんです。

 

>>限定プレゼント有りで、シミウスを試す方はこちらからどうぞ