薬用ホワイトC☆★☆飲むシミ対策♪ | シミウスの口コミの本当のところ。

メビウス製薬の薬用ホワイトC、これは化粧品のシミウス ホワイトCシリーズとは違い飲むタイプのシミケア製品です。

 

ホワイトCシリーズの化粧品についてはシミウス ホワイトCシリーズについてなどに記載しましたのでこちらもお時間が有る際にでもご覧になって下さいね。

 

 

 

「お肌の外側からのシミケア」だけだとどうしても顔中心のケアになってしまいますがやはり気になるシミって顔のシミだけじゃない!って方もいらっしゃると思います。

 

私で言うと例えば手の届かない肩の後ろ側や二の腕などにもシミはできてしまっています。

 

せっかくシミケアをするなら全身のケアをしたいなって思ってます。

 

そしてこの「薬用ホワイトC」なんですが、これはシミウスホワイトニングリフトケアジェルを最初に購入した時についてきた「お肌ケアブック」に掲載されていました。

 

飲むタイプの第3類医薬品のシミケア製品で、1日分の用量である4カプセル中にレモン60個分の「ビタミンC(アスコルビン酸)」、ほうれん草18束分の「ビタミンE(リボフラビン)」、アーモンド588個分の「ビタミンB2」が入っています。

 

大人(15才以上)の場合、1日2回、2カプセルずつ飲みます。

 

 

ビタミン類は、もちろん食生活を改善していけば良いんですけど野菜や果物から「シミをしっかり排出・予防できる量のビタミン」を摂取しようと思うと、上記のようになかなか難しいんですよね。

 

しかもそれだけの栄養分を摂取するとなると野菜や果物に含まれている糖分の量も気になるところ。

 

ですから欲しい栄養素だけを摂取できるというところにも惹かれてしまいました。

 

しかもこの製品はメラニンの生成を抑えるだけでなく黒くなった色素を徐々に無色透明に戻すことができるんですよね。

 

一度黒くなったものを無色透明に戻すケアは外側からのケアではなかなか難しいのでそういう意味でもすごく良いかなと思っています。

 

効果・効能は、しみ、そばかす、日やけ・かぶれによる色素沈着の緩和と歯ぐきからの出血、鼻出血の予防と書かれていました。

 

しみ、そばかすなどでの色素沈着の緩和に一番期待しています。

 

あとはビタミンCの補給ってやっぱり特に疲れている時に良いんですね。

 

 

飲んだ感想としてはカプセルになっているので飲みやすいですよ。

 

またこのカプセルは植物由来「プルラン」を原料としているのも好感を持ちました。

 

 

全然意味はありませんが試しにカプセルを開けてみたところ黄色の粉で、それを飲んでみると酸っぱかったです。

 

製造販売元は奈良県のワキ製薬株式会社です。

 

成分だけを見るとビメロンホワイトCの姉妹商品のようにも推測できました。

 

>>限定プレゼント有りで、シミウスジェルを試す方はこちらからどうぞ