パーフェクトBBクリーム☆★☆ナチュラルメイク好きの方にお勧め! | シミウスの口コミの本当のところ。

メビウス製薬のグレースアンドルケレ シミウスのパーフェクトBBクリームです♪ 

 

 

韓国発コスメとして、BBクリームは日本で爆発的な人気となりました。

 

日本で初めてBBクリームを発売したのがメビウス製薬です。

 

皆様の中にもBBクリームを愛用されている方は多いと思います。

 

そこで今回はBBクリームについてとシミウス パーフェクトBBクリームを紹介させて頂きますね。

 

 

♪本ページの目次♪

 

 

そもそもBBクリームとは?

 

BBクリームとは、Blemish Balm(ブレミッシュ バルム)及びもう少し和らいだ表現のBeauty Balm(ビューティー バルム)を略したのが「BB」クリームです。

 

傷(Blemish)や欠点を補うような軟膏(バーム・Balm)との意味で最初期はピーリングなど、皮膚科での施術後に保護したりお肌を再生するような原料を入れたクリームと言うことでドイツや韓国で広まりました。

 

そしてメビウス製薬が日本で初めてBBクリームを発売し、美容液、日焼け止め、ファンデーション、コンシーラーなど、複数の機能を一体化した「オールインワンメイク料」として一本で何役も兼ねるので、手間と時間が節約できるということで大人気となりました。

 

このBBクリームを初めとして他社BBクリーム等の発売当初は、手間と時間の節約アイテムでしたが、今では高機能のものが多くのメーカーから発売されるようになりました。

 

そのため「どの機能を重視すればよいの?」「どのメーカーのものがよいの?」とお悩みの方は多いと思います。

 

そんな中にあって「BBクリームでおすすめは?」と聞かれたら、迷わず日本で初めてBBクリームを発売したメビウス製薬のシミウスパーフェクトBBクリームと答えます。

 

その理由を、現在のBBクリームの課題とともに説明しますね。

 

 

BBクリームの課題

 

BBクリームの機能の一つに、日焼け止めがあります。

 

SPF50, 50+、PA+++、++++といった商品が市場にはたくさんありますよね。

 

しかし、よく考えてみてください。

 

これほどのSPF, PAがBBクリームに必要でしょうか?答えはノーです。

 

BBクリームにこれほどのSPF, PAは必要ありません。

 

SPF,PAというのは、決められた方法で測定した際の、「紫外線に対する防御指数」です。

 

そのため、各メーカーが同一の方法で測定していますし数値化されているので、SPF, PAは、化粧品の中で唯一といっていい程、「客観的判断が可能な機能」と言えます。

 

市場にはたくさんのメーカーのBBクリームがありますよね。

 

どれを選んでいいのか分からないくらいです。

 

つまり、このような時はSPF, PAを見比べればメーカーが違っても同じ方法で測定されていますので、単純に数値が高いほうが日焼け止め機能が高いということになり、利用者側としては判断材料にしやすいですよね。

 

このような背景があるので、他のメーカーに負けないように各メーカーは高SPF, PAのBBクリームを開発してしまいます。

 

誤解があってはいけませんが、高SPF, PAのBBクリームが駄目という訳ではありません。

 

重要なことは、「高SPF, PAを実現するために、他の機能を犠牲にしていないか?」ということなんです。

 

高SPF, PAの実現には、「紫外線吸収剤」や「紫外線散乱剤」を多く配合しなければなりませんね。

 

紫外線吸収剤を多く配合すると、油っぽくなり、化粧もちが悪くなります。

 

つまりBBクリームの「ファンデーション機能」に支障が出ますよね。

 

紫外線散乱剤は粉体です。

 

これを多く配合すると乾燥しやすくなり「美容液機能」に悪影響がでます。

 

つまり現在のBBクリームは、利用者へ分かりやすくユーザーに訴えやすい「日焼け止め機能」を重視するあまりに美容液機能やファンデーション機能を犠牲にしています。

 

これこそがBBクリームの抱える課題なんです。

 

BBクリームのようなオールインワンタイプには、ある特定の機能だけを特化させた「機能特化型」ではなく、全ての機能を満足させた「バランス型」、「万能型」が求められるんです。

 

もちろん最高峰の日焼け止め機能、最高峰の美容液機能といった具合に全機能を最高まで高めたものが理想ですが・・・それは無理ですし、今後も不可能です。

 

最高の日焼け止め機能を求める場合はやっぱり日焼け止め化粧品を使いますよね。

 

そして、お使いのBBクリームのSPF, PAが物足りないとお感じになる場合は、日焼け止め化粧品と併用されることが多いかと思います。

 

このように市場のBBクリームは利用者側で分かりやすい「機能特化型」が多く、他機能を置き去りにしてしまうこともあります。

 

それに対してメビウス製薬のシミウス パーフェクトBBクリームは各機能を満足させた「万能型」です。

 

これは(高SPF, PA競争に入る前の)日本で初めて発売したBBクリームだということも関係があります。

 

この「万能型」こそがシミウス パーフェクトBBクリームをおすすめする一番の理由なんです。

 

成分の安全さや仕上がりの良さについては、メビウス製薬の開発方針に以下のように書かれています。「お肌にやさしい、誰でも安心して使える化粧品。

 

その上でカバー力や仕上がりの美しさは一切妥協しない。」先述のように、かなり綿密に開発されている製品ですから、これは事実だと思います。

 

このシミウス パーフェクトBBクリームはBBクリーム先進国の韓国の大手のOEM(相手先のブランド名で商品を製造すること)化粧品工場で製造されていますが、日本の高品質/高安全の概念を韓国OEM化粧品工場に要求した、初めての企業がメビウス製薬だと言えます。

 

そして紫外線吸収剤よりも肌に優しくて赤ちゃん用の日焼け止めクリームにも使われる紫外線散乱剤を選定しているという点もおすすめできる理由です。

 

 

シミウス パーフェクトBBクリームの特徴

「シミウス パーフェクトBBクリーム」は数少ない「万能型」のBBクリームです。

 

主な機能について説明いたします。

 

美容液機能

BBクリームには日焼け止め機能とファンデーション機能を実現するために粉体が配合されています。

 

粉体には様々な優れた効果がありますのでBBクリームには必須です。

 

しかしながら粉体が毛穴につまったり、粉体がお肌の水分、油分を吸ってしまったりと、非常に乾燥しやすくなります。

 

そのため一般的なBBクリームの美容液機能は満足のいくものではありません。

 

ですがシミウス パーフェクトBBクリームの美容液機能に疑いの余地はありません。

 

使っていただくと一番よく分かりますが、ご使用前でもこれは全成分表示を見れば明らかなんです。

 

・フラーレン

 

・EGF

 

・プラセンタエキス

 

・セラミド

 

・ヒアルロン酸

 

・スーパーヒアルロン酸

 

・コラーゲン

 

等々、ものすごい数の美容成分が配合されています。

 

美容液ですら、ここまでの美容成分の配合はありません^^; 

 

気になる美容成分の働きを見てみましょう。

 

フラーレン

 

 

非常に高い抗酸化力で、お肌の老化を防ぎます。

 

一般的な抗酸化物質であるビタミンCに比べて100倍以上の抗酸化力があると言われています。

 

EGF(ヒトオリゴペプチド)

 

 

ノーベル賞を受賞した物質です。

 

ターンオーバーを促進させるなどの様々なアンチエイジング効果が期待できるため、化粧品に配合されるようになりました。

 

プラセンタエキス

 

 

美白成分として有名です。

 

シミの元であるメラニン色素の発生を抑制する効果があります。

 

セラミド

 

 

お肌の保湿、保護のために重要な成分です。

 

お肌の角質層の中にも存在します。

 

セラミドは非常に溶解しにくい物質なので化粧品への配合は簡単ではありません。

 

シミウスはその高い技術力によってセラミド3種の配合に成功しています。

 

スーパーヒアルロン酸(アセチルヒアルロン酸Na)

 

 

ヒアルロン酸はわずか1gで6リットルもの水分を抱え込むことで有名な保水成分ですよね。

 

スーパーヒアルロン酸はヒアルロン酸に比べて約2倍もの保水効果があります。

 

まだ書ききれませんがこのようにシミウスにはたっぷりと美容成分が配合されているため美容液並みの効果が期待できます♪

 

また、少しですが保存料や香料なども入っています。

 

保存料は商品の保管性や品質の安定に寄与するために入っていますが、その量は0.5%未満になるように配合しています。

 

香料は、自然原料が持つ香りによって逆に不快にならないように最低限の量(約0.1%)を配合しています。

 

日焼け止め機能

シミウス パーフェクトBBクリームは「SPF 15, PA +」です。

 

皆様、この数値、少し低いとお思いではありませんか・・?

 

それは違います。

 

メーカーはSPF, PAを競い合うような感じにも見られますので、市場には高い数値のものがたくさんあります。

 

ですがSPF, PAは数値の大小で選ぶものではありません。

 

屋外でのスポーツやレジャーをする場合はSPF30〜, PA+++〜を日常生活であればSPF15〜, PA+〜をといった具合に皆様、生活スタイルやTPOによってお選びになられていると思います。

 

通常の生活の範囲内であれば、SPF15, PA+で十分で、通常の生活で要求される以上の高数値で他の機能が充足しきれない機能特化型のBBクリームなど使う必要性はあまり有りませんね。

 

※逆にスポーツやレジャー、長時間の外出などで多量の紫外線にさらされる場合は、日焼け止めと併用してお使いくださいね。

 

シミウス パーフェクトBBクリームは日焼け止めと併用しても厚ぼったくなりません。

 

ちゃんと相性を考えて設計されているので安心して使用できます。

 

日焼け止めであればシミウス UV美容液(SPF50+PA4+)もおすすめですよ♪

 

ファンデーション機能

 

ファンデーションには2つの大きな役割があります。

 

シミやそばかすなどの「色トラブル」を補正する、シワや毛穴などの「凹凸トラブル」を補正する、この2つです。

 

今回はシミウスの「凹凸補正」に着目してみますね。

 

シワや毛穴などの凹凸を補正して、お肌をなめらかに整えることは若々しく綺麗に見せるために必須です。

 

一般的には「ファンデーションの色」によって凹凸補正します。

 

これはシミなどの色トラブルを補正する方法と同じで、カバー力を高くしてファンデーションの肌色でいわば無理やり^^; 色トラブルと凹凸トラブルを補正してあげようというものです。

 

この方法は確かに各トラブルは補正されるのですが、やっぱりどうしても厚塗りになって不自然ですし、ファンデーションの色=酸化鉄などの着色粉体ですから、粉体が毛穴につまったり乾燥したりします。

 

そのためあまり「すごく良い方法」とは言えません。

 

ですが一番簡単な方法でもあるので、多くのBBクリームに用いられています。

 

でもシミウス パーフェクトBBクリームは違います。「光の力」で凹凸補正を実現しています。

 

シワや毛穴に光があたると、光が反射して明るいところと暗いところが生じます。

 

この陰影の差によって、シワや毛穴などの凹凸はより目立つようになります。

 

シミウスには機能性粉体である「トスパール(ポリメチルシルセスキオキサン)」と「星形酸化チタン」が配合されています。

 

これら粉体は毛穴やシワなどに入り込んで光を乱反射させ拡散させます。

 

光の拡散によって、陰影の差をなくして凹凸を目立たなくしているんです。

 

トスパールについては白浮きを防いで皮脂を吸収する効果も有ります。

 

このように光の力によって凹凸を目立たなくする効果を「ソフトフォーカス効果」と言い、凹凸補正の方法として一番優れているんですよ。

 

毛穴に入り込むと言ってもわずかな量なので詰まることはありませんし、肌色で補正しているわけではないので自然な仕上がりを実現できます。「色」でシミもシワも補正する、不自然な仕上がりのBBクリームから卒業しましょう。

 

シミウス パーフェクトBBクリームの「光の力」で自然で美しい仕上がりを手に入れてくださいね。

 

使った感想

 

内容量は30mlで、個人差はありますが3か月分(1か月10ml程度)くらいです。

 

現在使用中ですが、そういった感覚です。

 

このBBクリームは過去2回リニューアルしました。

 

 

2代目のパーフェクトBBクリーム。

 

 

現在の、3代目のパーフェクトBBクリーム。

 

10ml小さい容器になりました。

 

 

では、このパーフェクトBBクリームを実際に使いつつ紹介していきますね。

 

先述のように日本で発売された初めてのBBクリームのため、今となっては「時流に乗った流行りのBBクリーム」とは違うテクスチャのBBクリームです。

 

そもそも実は私はあまりBBクリームは好きではなく、色んなブランドの試供品とかをもらって使ってみても「う〜ん・・・」という感じで終えることが多くありました。

 

時短できるのはいいのですが実際のところけっこうベトつきますししっかりメイクになりがちですよね。

 

ナチュラルメイク好きの私にとっては好みのテクスチャではありません・・。

 

しかしながら、隠したいところは隠したいと言うことでこのパーフェクトBBクリームが最適かなと思いました。

 

まずワンプッシュ出してみました。

 

この時点でやはり良い意味で他のBBよりも粘り気が無いです。

 

これは肌への刺激を抑えるために界面活性剤や乳化剤の配合を最小限にしていることもその要因の1つです。

 

 

手に伸ばしてみるとすごく伸びがよくて想像以上にかなり薄づきなのが分かります。

 

べたっとしていなく、かなりライトな感じです。

 

早速メイクに使いましたがほんのちょっとの量で充分です。

 

最初は多めに使いすぎてかなり余ってしまいました^^;

 

鼻とか鼻の横は重ね塗りしましたが、他は手で伸ばしてからパフでちょっと押さえるだけですごくナチュラルに仕上がりました。

 

適度なツヤとカバー力です。

 

すごく必死に粗を隠す感じじゃなくて全体的に素肌っぽくなります。「塗りましたよ」という感じにはなりません。

 

例えば、手に塗る前です。

 

少量出してみました。

 

色展開は明るめのライトベージュの一色のみですが、これは日本人の肌に一番合う色です。

 

 

塗った後です。

 

正直なところ、”明るめライトベージュ”と書かれているものの塗る前は少し濃いような気がしていましたが、塗ると全然良い感じになりました。

 

まさにメビウス製薬の言う「肌の色を選ばない色」ということかと思います。

 

 

また逆にこのパーフェクトBBクリームを塗ると白くなってしまうと言う方は多分一般的なリキッドファンデーションと同じくらいの量を塗られているからかもしれません。

 

このBBクリームはそこまでの量は必要ありませんので、「最初は少なく、足りなければ重ね塗り」を心がけて塗っていきましょうね。

 

しっかりメイクが好きな人には少し物足りなく感じるかもしれませんが「素肌を活かしてます」という感じになり、ナチュラルメイク好きの方にとっては好みの仕上がりかと思います。

 

お顔全体がしっとりしてて、昼過ぎくらいに少しだけテカりましたけどちょっとお直しすれば全然問題ない程度です。

 

薄づきでベタつかないけど、粗も隠せるんでやはり私としてはにはおすすめです。

 

また、メビウス製薬にはBB製品は複数の種類があり、純金入りのプレミアムBBクリームなんかも有ります。

 

どのBBクリームがおすすめかについては【どのBBクリームがおすすめ?】に記載しましたので、お時間があればご覧になってみて下さいね。

 

シミウス パーフェクトBBクリームの使い方のまとめ

 

毛穴を隠す方法

 

 

まず事前に化粧水でお肌を整えたり、美容液やUVクリームなどで素肌メイクをしておきます。

 

美容液やUVクリームが乾いてから(軽くティッシュ)でおさえてから、手の甲にあずき大ほど(0.3〜0.5ml)のBBクリームを出して、お顔の気になる部分にはたきこむように塗っていきます。

 

ポイントは先述のように「最初は少なく、足りなければ重ね塗り」です。

 

それを心がけ塗っていきましょうね。

 

 

ただ、塗ると行っても伸ばすような感じではなく指でトントン・・・と広げていきましょうね。

 

 

次にパフで軽くおさえていきます。

 

これでキメの細かいお肌に仕上げることができます。

 

 

どうでしょう?気になる毛穴は隠れましたでしょうか。

 

塗り方によっても、お肌の見え方は変わりますよ。

 

重ね塗りで、もう少し毛穴を目立たなくする場合は、最初の半分の量くらいを塗りましょう。

 

シミを隠す方法

 

 

先述と同じくまず事前に素肌メイクを行います。

 

 

BBクリームを手の甲に出し、軽くたたくように広げていきます。

 

伸ばすように付けてしまうと色ムラになるので注意して下さいね。

 

先ほどと同じく「最初は少なく、足りなければ重ね塗り」で塗っていきましょう。

 

 

その後、ミネラルパウダーなどをはたきます。

 

 

シミが、自然な感じでカバーできたかと思います(^o^)v

 

 

以上、シミウス パーフェクトBBクリームについてでした。

 

最後にBBクリームのようなオールインワン化粧品に求められるのは「機能特化型」ではありません。

 

全ての機能を満足させた「万能型」です。

 

市場には特定の機能を重視するあまり、他の機能を充足しきれない機能特化型のBBクリームが非常に多く有ります。

 

その中から万能型を見極めるのは困難だと思いますがシミウス パーフェクトBBクリームは数少ない万能型ですから自信をもっておすすめできます。

 

シミウスで若々しく綺麗なお肌を手に入れてくださいね。

 

まずは「使ってみて満足できない場合は開封後/使用後でも30日間返品可能」な以下からお試ししてみて下さいね。

 

>>限定プレゼント有りで、シミウスジェルを試す方はこちらからどうぞ