新旧UVエッセンスの使い心地比較!☆★☆どこが変わった!? | シミウスの口コミの本当のところ。

シミウスでおなじみのメビウス製薬の顔用日焼け止め「UV美容液」が、リニューアルされて「UVエッセンス」という名前に変わりました。

 

左が新しい2017年のリニューアル商品「UVエッセンス」、右が旧製品(2016年)の「UV美容液」です。

 

白とピンクの可愛らしいデザインは、医療機関の処方問題でよく報道されるヒルロイドを思い出しました。

 

全く使用用途が違う商品ですが。

 

 

このUVエッセンスは、個人的には「人気になりそう。」という今風の要素がたくさんあって、使い心地も機能もパワーアップしています。

 

まず、新たに追加された機能は4つ。

 

・抗ブルーライト成分配合

 

・PM2.5カット成分配合

 

・抗炎症成分配合

 

・美白成分が追加で配合

 

ブルーライトやPM2.5・お肌の炎症はシミの原因になってしまうのでシミゼロ肌を目指す方にとってはうれしいですね。

 

使い心地の変化ですが、使ってみたところ、もともと白浮きはほとんどありませんでしたがより白浮きしにくくなったように思います。

 

保湿力も高くなっているのかしっとり感もアップしていました。

 

ベタつくという感じではなくしっとりという感じです。

 

新旧の比較

 

手の甲に出してみました。

 

左側がリニューアルされた「UVエッセンス」、右が旧製品の「UV美容液」です。

 

 

見ていただいて分かる通り、「UVエッセンス」の方がテクスチャーがしっかりとしています。

 

色も若干クリーム色のように見えます。

 

どちらかと言うと旧製品の方は水っぽい感じですね。

 

少し伸ばしてみると・・・

 

 

左の新製品の方がテクスチャーはしっかりしているのに、なぜか伸びと馴染みが良いですね。

 

 

しっかりとなじませると両方とも白浮きはなくなりました。

 

保湿力が高い日焼け止めはベタつくものが多いイメージですが、こちらは両方ともしっとりだけどベトつきません。

 

新製品のほうが少ししっとり感が増しているように感じます。

 

でもかなり薄付きで、次のメイクを邪魔しないテクスチャーです。

 

>>限定プレゼント有りで、シミウスジェルを試す方はこちらからどうぞ