シミに対して、塗る対策と飲む対策の比較 | シミウスの口コミの本当のところ。

シミ対策には、シミウスジェルのように塗る方法の他にも手軽なのは「飲む」と言う方法もありますよね。

 

飲む製品としては、ハイチオールCホワイティア、ロスミンローヤルなどのビタミンC錠剤が各社から色々出ていますものね。

 

あとはここ最近では「飲む日焼け止め」も出ていますね。

 

名前に「ホワイト」と言う単語が入っている商品が多いですよね。

 

また、シミウス製品では「薬用ホワイトC」が有ります。

 

 

それらの「塗るシミ対策」、「飲むシミ対策」の比較をしていきますね。

 

「塗る」と「飲む」、シミ対策の仕組みの違い

 

 

飲むシミ対策

 

 

各社で良く配合されている成分で言うと、紫外線などの刺激で作られる黒色メラニンの生成を

 

「L−システイン」が防いで、「アスコルビン酸(ビタミンC)」

 

とともに黒色メラニンの生成自体も抑えます。

 

またシミ・そばかすの原因となる、既にある過剰なメラニンを排出します。

 

※と言いましても人工のビタミンC(アスコルビン酸)と果物に入っている天然のビタミンCは別物です。

 

個人的には、やっぱり錠剤ではなく果物から摂る方が良いのかなと言う思いがあります^^;

 

※シミウスの薬用ホワイトCはビタミンC、ビタミンE、ビタミンB2のビタミン3点セットです。

 

要するに「シミ・そばかすの元になる黒色メラニンに対して中から対抗する」という形ですね。

 

塗るシミ対策

 

 

こちらはシミウスジェルを例にしますと、各美白/保湿成分(プラセンタ、甘草エキス、シコンエキス、サクラ葉抽出液)がシミに効果的で、メラニンの生成を抑制しながら肌荒れを防ぎます。

 

またヒアルロン酸・コラーゲンが保湿力を高めて、お肌がもともと持っているハリと透明感のある美肌へ導いてくれます。

 

要するに「各成分のお肌への塗布・浸透で、メラニンの生成を抑制して正常なお肌のターンオーバーを促す」という形ですね。

 

(シミウスジェルで言うとUV効果については有りません。)

 

さらにマッサージ効果も見逃せませんね。

 

比較すると・・

 

 

比較結果としては、以下です。

 

全身のシミの緩和:飲み薬

 

顔などへの集中的なシミ対策:塗る薬用化粧品

 

ただ、飲むシミ対策であるビタミンCの錠剤は第三類医薬品ですので作用も緩やかです。

 

「今現在のお肌の特定部位(特に顔)をガード」となると塗るシミ対策になるかなと思います。

 

アレルギー物質の付着によって、敏感肌になってしまうことも有りますものね。

 

商品に記載されている効果効能から比較

 

 

飲むシミ対策

 

 

飲むシミ対策の効果効能のメインは以下の2つです。

 

しみ、そばかす、日やけ・かぶれによる色素沈着

 

肉体疲労や全身倦怠

 

第三類医薬品ですので副作用もほとんど気にならないですが、効果も緩やかです。

 

塗るシミ対策

 

 

塗るシミ対策の効果効能のメインは以下の2つです。

 

今回はシミウスジェルの効果効能を見ました。

 

シミウスジェルはただの化粧品ではなく、薬用(医薬部外品)のため効果効能が謳えます。

 

肌あれ・あれ性。

 

メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ。

 

皮膚をすこやかに保つ。

 

皮膚にうるおいを与える。

 

やっぱり普通の化粧品では踏み込めないところですよね。

 

薬用なので、この表示については信頼感が有ります。

 

比較すると・・

 

 

飲むシミ対策には、「肉体疲労や全身倦怠」に対する効果が有ると言うのが塗るシミ対策との相違点ですね。

 

まぁ本来のビタミン剤の期待のされ方ですよね。

 

そしてやはり外部刺激を受けることによる肌荒れを防ぐには塗るシミ対策の方が手っ取り早いと思っています。

 

まずはかなりお得な塗る対策、シミウスジェルを試してみて下さいね♪私の周囲にも勧めましたが、やっぱり使った結果の評判は良いですよ。

 

>>限定プレゼント有りで、シミウスを試す方はこちらからどうぞ