お肌のお話。 | シミウスの口コミの本当のところ。

シミウスの効果的な使い方 その1 【ツボ押し&舌回し】

 

 

顔のツボ押しで美顔に♪

 

シミウスマッサージと一緒に、舌回し運動〜♪

 

 

シミウスの効果的な使い方 その2 【リンパマッサージ】

 

 

リンパマッサージができるジェルって意外に少ない?

 

日本リンパ協会の会長、池田ことみさんも絶賛のシミウス ホワイトニングリフトケアジェル

 

簡単なリンパマッサージ♪

 

リンパマッサージで小顔になるのはなぜ?

 

リンパマッサージで自分で小顔を作る「3つのコツ」

 

リンパマッサージで丸顔コンプレックスを解消!

 

ほっぺをスリムにするリンパマッサージ

 

リンパマッサージでの二重アゴ解消方法。

 

リンパマッサージでニキビや吹出物が減った。

 

リンパマッサージで顔の老廃物を出し切りましょう。

 

顔のリンパマッサージは全身の健康につながる。

 

エステでのリンパマッサージとは

 

整体院のリンパマッサージ

 

 

お肌について

 

 

敏感肌、脂性肌などの肌質(肌タイプ)について

 

年齢によるお肌のターンオーバーの周期の変化について

 

なぜ花粉がお肌に悪いの?

 

なぜ冷房エアコンって乾燥するの?

 

夏になると目立つ!体の黒ずみ

 

 

スキンケア/化粧品について

 

 

ビタミンC誘導体について

 

去年の日焼け止めは使っても良い??

 

美容医療5種がクーリングオフの対象に!

 

美容手術のビフォーアフター写真が掲載禁止の方向へ

 

 

シミについて

 

 

シミの種類について

 

「シミケアのかなめ」は「いかに炎症を抑えるか」です

 

シミに対して、塗る対策と飲む対策の比較

 

美白化粧品 VS 美白サプリ、効果があるのはどっち?

 

便秘がシミの原因に!?

 

今日の天気によるシミのリスクが分かる!シミ・リバウンド指数。

 

シミ予防にとって重要なのは「メイク直し」

お肌のお話。記事一覧

シミウスでの顔のマッサージに関して、顔のツボ押しを紹介しますね。こちらは摩擦が発生しないため(こする訳では無いため)、ジェルを塗っていない時でも出来ます。強さについては、顔には皮膚に直接繋がっている表情筋が多く有るため、それらに悪影響を与えないよう強すぎないことがポイントです。シミウスジェルでのマッサージのような、軽く押して「いた気持ち良い程度」に5秒ほど押しましょう。四白(しはく)効果:たるみの...

シミウスジェルでのリンパマッサージと併せて舌回し運動を行うことで、むくみが良くとれますよ。舌を回すとほほやあごなど、色々な筋肉が疲れますものね。効いてる!という実感があります。私は、最初は耳の後ろあたりが疲れてきました。「こんなところの筋肉も使ってるんだ!」と驚きました。舌回し運動のやり方舌回し運動のやり方は簡単です。・口を閉じます。・歯ぐきの外側に沿って舌を回します。右回り、左回りのどちらもやる...

リンパマッサージができるジェルって意外に少ない?シミウス ホワイトニングリフトケアジェルはリンパマッサージ、特に耳下腺リンパ節などの顔のリンパマッサージもできる数少ないジェルなんですが、なぜこれだけ身体用マッサージジェルやスリミングクリーム化粧品市場にある中で、シミウスジェルのようなリンパマッサージが顔にもできるジェルはあまり売っていないのでしょうか。それは、顔へのリンパマッサージに適した粘度や成...

シミウス ホワイトニングリフトケアジェルは、日本リンパ協会代表理事の池田寿美(ことみ)さんも絶賛している優秀マッサージジェルなんです。池田ことみさんは株式会社ナイスリンパジャパンの代表取締役も務めていらっしゃるんですよ。また、日本リンパ協会認定講師の育成にも力を注いでいらっしゃったりリンパケア検定というのもはじめていらっしゃいます。池田ことみさんのブログ(アメブロ)何と開催していらっしゃるセミナー...

まずは1分間だけで出来る簡単リンパマッサージです。これは、シミウスジェルでのお顔マッサージの最後などにやるのがオススメです。またはジェルが無い時でも優しいマッサージなのでいつでもできますよ。やる場所は、一番効果的なのはお風呂に入っている時です。ただ簡単なマッサージなのでデスクワークや移動の時や顔がむくんでるなと思った時など、どこでもできますよ(^o^)リンパとは?そもそも、リンパって静脈に沿って全...

「リンパマッサージ」「誰でも小顔に!」「顔痩せ」など、リンパマッサージやその効果は良く雑誌やネットなどで目にしますよね。でも、そんなにうまく小顔になれるものなのかな…と思ってしまいます。しかしリンパマッサージとその理屈を知ればきっと実践してみたくなるのではないでしょうか?リンパって液体?リンパ細胞って?リンパは血管じゃないの?まず「リンパ」ですが、リンパとはリンパ管、リンパ液、リンパ細胞などリンパ...

ついうっかり!寝不足や飲み過ぎなど朝起きたら顔がむくみでパンパンになっていた…なんて経験はないでしょうか?リンパマッサージを覚えておけば朝のお化粧前にシミウスジェルで1分、ササッとリンパを流してあげるだけで随分お顔をスッキリさせる事が出来ます!また、毎日続けていけばアンチエイジングやダイエット、小顔効果なんかも現れるのでぜひ覚えてみてください。非常時にも、日々の美容ケアにもとっても効果的です!※本...

毎日見る鏡。気がついたら「顔にお肉がついて丸くなった?」という方、体は痩せているのに全身を見た時に顔だけなんか丸い…そんな丸い顔がコンプレックスの方は多いのではないでしょうか?やっぱり、顔は他の体に比べて痩せる事が難しい部位なんです。では、そもそも丸顔は何が原因なのでしょうか?様々な「丸顔の原因」を知ろう!遺伝丸顔の原因、1つめは遺伝です。元も子もないと諦めるのは早いです。丸顔の中でも、そんなに脂...

小顔を意識した時に、顔のパーツで気になるのは頬ではないでしょうか?頬にお肉が付いていると愛らしくはありますが、なかなかシャープな印象にはなりませんよね。そんなお悩みをお持ちの方に頬のスリムに重点を置いたリンパマッサージをご紹介します!ほっぺの膨らみ三大原因は「血行」「代謝」「脂肪」だったほっぺの膨らみの原因としてあげられるのは血行不良、新陳代謝の悪化、脂肪などがあげられます。よくスマートフォンを利...

せっかくダイエットを頑張ったのに、またはそんなに太っている訳ではないのに二重アゴに悩んでいる方はいらっしゃいませんか?「二重アゴ」と言われると何となく肥満のイメージがありますが、実は肥満以外の理由でも二重顎になってしまう事はあるのです!まぜ肥滿じゃないのに二重アゴ?「噛み方」「オトガイ筋」って何?まず、肥満でない場合の二重顎の原因は2つあります。表情筋の衰えこれは肥満でない場合の二重顎の原因として...

リンパマッサージは、むくみやデトックスとは関連が深く思われていますが実は体のあらゆる不調にも効果が出ている事はご存知でしょうか?リンパマッサージはニキビや吹き出物に対する効果もあると言われています!顔のニキビや吹出物はこうやってできるそもそもニキビや吹き出物はどうして出来てしまうのでしょうか?ニキビは思春期のもの、大人になってからのもの、共に理由は毛穴の入り口が詰まってしまうことにより塞がってしま...

「リンパマッサージ」「老廃物」「デトックス」最近こんな言葉を聞きますね。でも実際のところ、「それが何か」「どんな効果を持っているのか」については曖昧な方も多いのではないでしょうか。今回はそれらについて分解して解説しますね。老廃物ってなに?・・・実はこれがあなたの顔のむくみを作る原因なんです。まず、老廃物とは簡単に説明すると2種類あります。・体の中で作られた不要なもの・体の外から入ってきてしまった不...

リンパマッサージと言うと「顔の美容」と言ったイメージが強いですが、実はそんな事はありません。リンパは全身に網のように張り巡らされているので、実は身体中の健康に繋がりがあり、その影響はとても大きなものがあります。小顔にするだけじゃもったいない!リンパマッサージと全身の健康の関係リンパと健康に関する効果としては主に疲労回復と免疫力アップです。疲労回復リンパ液の中にはアルブミンと言う物質が含まれています...

近頃よく聞くリンパマッサージですが、最近ではその影響もあり、エステで取り入れてる所も増えて来ています。病院に行くほどではないけど、むくみが酷くて悩んでいる…という人はエステが気になっている人も多いのではないでしょうか?素人とはここがちがう!「テクニック」「オーガニックオイル」「絶妙な圧力」リンパマッサージと聞くと「痛みに耐えて効果が出る」と思っている人も多いのですが、実はエステティシャンの方にやっ...

リンパマッサージ…と言うとお店でしてもらう場合、どこでする事を想像するでしょうか?美容室、エステサロンなどの美容関連のお店を思いつく人が多いのではないでしょうか?実は最近は整体院でのリンパマッサージも増えているんです!「肩こり、頭痛、O脚」 全身を知る整体師だからこそのリンパマッサージまず整体院ですが、整体院は柔道整復と言う国家資格保有者が行う急性の治療にも対応する施設です。最近はリラクゼーション...

このページでは、敏感肌、脂性肌などの肌質(肌タイプ)についてご案内しますね(^o^)脂性肌(オイリー)お肌が脂っぽく、皮脂量が多いお肌のことです。ニキビができやすく、化粧も崩れちゃいやすいです。混合肌Tゾーンはべたつきますが、頬のあたりは乾燥しているお肌のことです。洗顔後に脂っぽさは無くなるのですが、逆に部分的なお肌のつっぱりが気になることがあったりします。乾燥肌(ドライ)水分や皮脂ともに少なく乾...

年齢によるお肌のターンオーバーの周期の変化についてです。肌の生まれ変わりや新陳代謝のことをターンオーバーと言いますが、その周期は年齢を重ねるごとに長くなっていきます。20代は平均28日、30代は平均40日、 40代は平均55日、50代は平均75日、60代は平均100日という流れです。40代は20代の倍くらいの日数がかかっちゃうんですね・・。そのため「いつまでもシミや吹き出物がお肌に残っているな」と...

なぜ花粉がお肌にとってはダメな存在なのでしょうか。その点を少し説明していきますね。また花粉症自体についても少し記載しました。スギ花粉の作用についてスギ花粉は角層(お肌の一番上の外気に触れる層)の下に到達すると、お肌の水分蒸発をすごく促します。しかも普通だったら角層が弱くなっちゃうとお肌のバリアー機能が働いて油分を出して角層を守ろうとしますよね。(これを角層の細胞間脂質と言います)そのバリアー機能も...

※「温度」と「湿度」の字が似ているため、赤と青で色分けしました。ひとくちメモ湿度(しつど)とは・・・空気中に含まれる水分の量の割合のことです。だいたい冬は50%台、夏は70%台です。20%の差ですがこれが大きな違いなんですね。夏場、60%を超えだすと「蒸し蒸しするな〜」と感じますよね。逆に冬など、50%以下になるとお肌の水分がよく蒸発してしまいお肌の水分量が下がると言われています。なぜ冷房で乾燥す...

薄着になると目立ってしまうのが体の黒ずみ・・・冬の間は服で隠れて見えなかったけど夏になって半袖を着た瞬間、「あれ、ひじが黒くなってる!」「首の後ろってこんな色だった?!」なんてこと、ありますよね。この黒ずみ、正体は主に2つ。「色素沈着」と「角質肥厚」です。色素沈着が起きたり角質が分厚くなってしまうのは・衣服がこすれて刺激になっている・ナイロンタオルでゴシゴシ体を洗う・毛の自己処理をカミソリで行うな...

メビウス製薬の製品にも配合されているビタミンC誘導体。例えばホワイトニングリフトケア スーパーCにも入っていますね。※シミウスのホワイトニングリフトケアジェルには配合されていません。美白系の化粧品によく配合されている成分ですがいったいどんな成分でどのようにシミを撃退してくれるのでしょうか?ビタミンC誘導体とビタミンCの違いまずは「ビタミンC」と「ビタミンC誘導体」の違いについて。ビタミンCって実は...

夏に購入した日焼け止めが余ってしまい「一応来年まで置いておこう・・・」と次の年の夏まで保管されている方も多いのでは?では「開封してから時間が経っている日焼け止め」を使うことに問題はないのでしょうか?実は日焼け止めのタイプによって「使用できる・できない」が変わってくるんです。乳液タイプ・ジェルタイプの日焼け止めの場合開封後には酸素に触れたり、人の手から雑菌が混入している可能性があるため、開封後の使用...

美容医療のうち1. シミ/ニキビの除去2. しわ/たるみ取り3. 脱毛4. 注射等での脂肪溶解5. ブリーチング(歯の漂白)の5種がクーリングオフ&中途解約できるようになります。※規制の施行開始(特商法改正)は2017年12月からです。条件は以下の2つです。・1か月以上の施術契約であること・施術金額が5万円以上であること※美容外科や美容皮膚科などの”美容医療”では無く”エステ”等でのこういう美容サ...

美容手術のビフォーアフター写真が掲載禁止の方向へ。美容整形のホームページでよく見られるビフォーアフター写真が、2018年6月から禁止とする方向で検討が進められています。と言うのも、医療機関のホームページは2017年6月の改正医療法以前は、広告規制の対象外でした。個人的にはダイエット系の脂肪吸引などはやはり病院によっては写真を加工しているんじゃないかなという疑念はあります。例えば昔テレビでやっていた...

次は、シミの種類についてです。シミウスで私の頬のしみ薄くな〜れ(^o^)話は変わりますが、最近、ドコモのdマガジンで美容雑誌の創刊号を色々見ることができるという特集が有りました。そして、20年前ごろの雑誌を結構読みました。案外シミ対策、スキンケア、美白、美容の根本は昔から変わっていないように思いました。・・・では、以下にシミの種類を説明いたしますね。老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)シミの中で...

「美白・シミケア」といえば、日焼け止めや美白成分の入った化粧品の使用を思い浮かべますよね。紫外線をカットしたり、メラニンの生成を抑制したりシミを排出する成分の入った化粧品を使うのはシミケアには重要です。でもそれと同じ位大切なのが「いかにして炎症を抑えるか」ということ。というのも、お肌に炎症が起こると「シミのもと」であるメラニンの生成が促されてしまうんですよ。傷跡やニキビ跡が色素沈着を起こしてしまう...

シミ対策には、シミウスジェルのように塗る方法の他にも手軽なのは「飲む」と言う方法もありますよね。飲む製品としては、ハイチオールCホワイティア、ロスミンローヤルなどのビタミンC錠剤が各社から色々出ていますものね。あとはここ最近では「飲む日焼け止め」も出ていますね。名前に「ホワイト」と言う単語が入っている商品が多いですよね。また、シミウス製品では「薬用ホワイトC」が有ります。それらの「塗るシミ対策」、...

「今あるシミを少しでも早く消し去りたい!」と考えた時、大まかに分けると・外からのケア・内からのケアの2つの選択肢があります。「外からのケア」とは美白に効果のある成分が入った化粧品などでお肌をお手入れすること。「内からのケア」は美白に必要な栄養分を口から摂取するケアですね。美白に特化した栄養分が入っているサプリは美白サプリなんて呼ばれています。では美白化粧品と美白サプリはどちらが効果が高いんでしょう...

便秘でお悩みの女性は多いのではないかと思います。「数日間出ないことなんて当たり前」「もう慣れてしまっていて、ヘタしたら一週間くらいでないこともある・・・」こんな方は要注意です!実は便秘はシミの原因になってしまうんですよ。便秘とは、本来なら体外に排出されるはずの便が腸内に長時間留まってしまった状態のこと。排便が上手く行われないと、腸内では悪玉菌が増えることが分かっています。実はこの悪玉菌は「活性酸素...

お天気サイトのtenki.jpに、新たな指標である「シミ・リバウンド指数」が追加されました。tenki.jp - シミ・リバウンド指数以前から有った指数、「紫外線」等とともにお出かけ前の参考にしてみてはいかがでしょうか。私は「洗濯」と言う指数もよく見ています。この新たな「シミ・リバウンド指数」は資生堂が開発しているもので一応、2017年3月末の期間限定で表示しています。湿度と紫外線の状況を元にして...

今あるシミを薄くしていくためにも、新たにシミを作らせないようにするためにも日焼け止めはしっかりと塗っていることと思います。ですが朝しっかりと日焼け止めを塗るだけでは十分とは言えません。朝、どれだけしっかりと日焼け止めを塗っていても、どうしてもメイク崩れは起こってしまいますよね。メイクが崩れる原因は・汗・皮脂・お肌の乾燥・油分の多い乳液やクリームの使いすぎ・日焼け止めと基礎化粧品の相性など様々です。...